条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

悠々自適な年金生活者Aさん

30歳になったときに老後の不労収入として、アパート経営の準備を始めたAさん。そのきっかけや成功の秘訣などを紹介します。

■年金とアパート経営収入で悠々自適生活のAさんのプロフィール

  • 年齢:66歳
  • 住所:千葉県
  • 職業:元サラリーマン
  • 年収:年金+家賃収入

アパート経営に踏み切ったきっかけ

現在のような年金制度の崩壊を、リアルに予想をしていたわけではありません。しかし、年金だけでは老後の生活が豊かなものになるとも、思っていませんでした。現役で働いているうちから不労所得が入る方法はないかと、模索していたとき、友人から「アパート経営」を勧められたのです。

そこで、情報を集めて勉強もして資産計画を立てたところ、投資用アパートなら定年までには投資した額は回収でき、老後の不労所得になることが判明。

仕事柄、若いうちは転勤も多かったので、会社からの住宅手当をあてにしながら20年計画で、実現しようと決断しました。

安定した利回りも確保したのも大きな勝因

本業に影響するような大きなリスクを抱えず、サラリーマン生活で安定収入を確保しながら、若いうちから将来に備えたのが勝因だと思います。

けっこうまじめに勉強もして、不動産の知識もつけました。

そして、利回りの良さそうな、首都圏のアパートを選んだのも良かったと思います。私が1棟目のアパートを購入の決めた時期は、首都圏の利回りは低いという声もありました。けれど、回収が見込めると判断したのです。

現在は首都圏の人口が増えたこともあり、その決断は功を奏しました。

私の経験から言えるのは、なるべく若いうちからアパート経営を考え長期計画で 実施するのが良いでしょう。勉強もしっかりして、無理せず地道にコツコツと進めるのがコツですかね(笑)。


アパート投資物件の情報サイト