条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

経営マネジメント

アパート経営への投資は、短期売買益を狙うのではなく、今後何十年にもわたり長期的なスパンで考えていく必要があります。
そこで大切になるのが、日々の運営管理。アパート経営する上で、必要になる所得と経費のマネジメントや、必要な経費について理解しておきましょう。

所得と経費の関係

アパートを所有することで、家賃収入が売上になります。ですが、税法上アパート経営でかかった経費を、損金として差し引くことができます。次に挙げるものが一般的に経費算入できるものです。

  • アパート経営の為に支払っている紹介料
  • アパートローンの利息(金利)

  • 人を雇っている場合はその給料(ただし、家族の場合は状況により異なる)
  • 清掃費や管理費
  • 広告宣伝費

  • アパートの減価償却費
  • 各種保険料(火災保険など)
  • アパート経営をおこなうために必要な移動費(交通費)

これら経費は、確定申告をすることで認められます。

確定申告の話のついでですが、アパート経営もある程度の規模になり、事業として認められると、青色申告をした方が税法上の様々な特典が受けられます。

青色申告をするには記帳義務などが生じますが、その分、認められる経費の範囲が増えたり青色申告控除や純損失の翌年度への繰り越しなどメリットがあります。

私のようなサラリーマン大家でも、将来的に事業として考える場合は、青色申告についてもしっかり勉強しておきたいと思いました。

またアパート経営においては、キャッシュフロー(資金の流れ)を常に意識しておくといいようです。
ポイントは会計上はできるだけ赤字や所得を減らし、キャッシュフローのプラス分を大きくしていくことが秘訣になります。

経営に必要な費用

何年、何十年にも渡って管理していく訳ですから、維持やメンテナンスのための費用がかかります。
アパート経営を始める前にどのような経費がどれくらいかかるのかをしっかり押さえておきましょう。

アパート運営にかかる経費

  • 修繕費(修繕積立金)
  • 管理業者への報酬
  • ローンの支払い
  • 固定資産税、都市計画税、所得税などの税金
 

アパート投資物件の情報サイト