条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

購入の流れを確認しよう

いざアパート経営をはじめてみようと思っても何から手をつけていいのやら。
そんな方のために、私が投資物件のアパートを所有するまでの流れをまとめてみました。それぞれ段階を追って説明していますので、ぜひ参考にしてください。

物件購入の流れ

1:収益物件の情報収集
購入したい地域に出向いて不動産屋で相場を調べてみるのが一番確実ですが、この段階では、インターネットなどの不動産情報サイトで検索して大まかな相場観を掴みましょう。
不動産投資に関する物件情報で探しているので、普通の売買物件情報にとどまらず、アパート収益物件情報があるサイトがオススメです。そこでは、不動産投資に関する様々な情報も手に入ります。

不動産情報誌や新聞広告などのチラシも活用したいところですが、注意点をひとつ。印刷物は情報が古くなっている可能性もあるので、最新情報を確認してください。

2:物件選びと現地調査
気になる物件を見つけたら、不動産業者に問い合わせをし、詳細な情報を入手。
次に手持ちの資料をもとに、現地で物件を実際に見てみましょう。

中古物件の場合、満室の際は中を見る事が出来ないので、外観で判断するしかありませんが、
空室があれば室内が確認できます。
住居内の設備なども、しっかりチェックしておきましょう。せっかく現地に赴いたならば、周辺環境もあわせて調べておくことをおすすめします。

3:購入の申し込み
物件の購入を決めたら、まずは申し込みを行います。通常、不動産売買の手続きは書面にて行います。
購入申込書に、購入者の氏名や住所などの連絡先と共に、現金かローンかなど、支払い条件を記入して売主に提出します。

4:契約
条件が折り合えば売主、買主の都合を調整して売買契約します。銀行でローンを借り入れする場合は、ローン特約※の契約が一般的です。
※万が一、融資が成立しない場合は、白紙解約となり、手付金が戻ってきます。

ローンの審査には2週間~1ヶ月くらい掛かるので、早めに手続きをしましよう。売買契約時に必要なものは以下の通りです。

  • 手付金
  • 身分証明書(運転免許書など)
  • 印鑑

5:決済・引渡
売買代金の残格を支払い、売主から物件の引渡がなされます。
この時売主と買主双方で、物件状況報告書の記載事項が現況とあっているか確認しましょう。決済時に必要なものは以下のとおりです。

  • 売買代金の残金
  • 登記費用
  • 税金・管理費などの精算金
  • 住民票
  • 印鑑(実印)・印鑑証明書(抵当権設定時)

6:登記
不動産登記手続きは通常、司法書士に依頼することになります。登記手続きが完了すると登記済証(権利書)が交付されます。


アパート投資物件の情報サイト