条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

新築と中古はどちらがトク?

収益物件としてアパートをお考えなら、大きくわけてまず2つの中から選択することになります。

  • 新築アパート(一棟売り)
  • 中古アパート(一棟売り)

新築アパートは土地と建物が一体となっているものを購入する方法と、自分で土地から選び、建物をたてるところから始める方法があります。

中古アパートは、一棟丸ごと売りにでているものから選び、購入することになります。当然のことですが、現在入居者が入っている場合が多いです。
つまり第三者から自分へと、オーナーが換わると考えればいいでしょう。

新・古物件、どっちが儲かる?

新築アパートのメリットは、アパート建設の企画段階から参加できるので、市況や将来的な展望、入居者のニーズを合わせて自分が思い描いたアパートが建てられます。
マーケットを読むわけですから、空室リスクを減らすことにもつながります。

また、新築である…ということも価値があるので、高い入居率が期待できるでしょう。中古物件と比較しても修繕費用が少なくて済みますし、なによりも長期間の運用が可能ですし、途中売却もしやすいでしょう。

反面、デメリットもあります。第一になんといっても投資にかける費用が必然的に高くなってしまいます。
また新築なので入居者はいません。新しいので入居者は決まりやすいですが、時期によっては新築でも埋まらないこともあります。

また初期投資がかさむので、中古アパートと比較して、総じて利回りが低くなる傾向にあるようです。

中古アパートの魅力はなんといっても取得価格が安いこと。これが資産家でもない私がアパート経営を始められるカギになりました。
取得価格が安い分、新築アパートと比べて利回りが良くなるケースが多いのです。

それに、売買される物件でも、中古物件の場合は、はじめから入居者がいることも安心ですね。

一方、デメリットを挙げるとすれば、やはり中古ですから耐用年数が短くなります。これはつまり投資で考えるならば運用可能な年数が少なくなることを考慮しなければなりません。

また古くなればなるほど、入居者確保が大変になることもわかりますね。入居者は賃料が同じなら、より良い設備、より良い間取り、より新しい物件に住むことでしょう。
そうした場合、賃料を下げるなどの対策をしなければなりません。これはつまりオーナーの立場にたつと、利回りが下がることを意味します。

比較的安価で、一棟丸ごと所有するオーナーになるメリット

新築にしろ中古にしろ、メリットとデメリットがあるアパート経営。どちらを選ぶかは、オーナー(投資家)の考え方や投資方針次第です。

私としては、新築か中古かというよりも、一棟丸ごと所有できるアパート経営そのものに魅力を感じています。

資産形成にもなるし、節税対策やインフレ対策としても使えます。なによりも老後の年金代わりになるし、もし万が一のことがあった場合、遺族へ資産を残すこともできます。

ですから新築か中古かを悩まれたら、ご自身の投資のプライオリティ(優先順位)は何かを、考えてみれば自ずと答えは出るはずです。


アパート投資物件の情報サイト