条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

物件選びのポイント

投資物件の購入を考える場合、まず以下の3つの条件を念頭におくことが大切です。

物件選びの3大条件とは

条件1:立地が良いか
住む場所としての機能や、利便性が優れているかを確かめましょう。陽当たりや道路などの周辺環境もチェック。
物件の周辺に学校やスーパー、病院、公園などの施設があるかどうか。
できれば人口の多い都市部で、最寄り駅から徒歩圏内の物件を選ぶことが大切です。

条件2:将来性のある物件か
現状も大切ですが、物件のある地域の将来性を視野に据えることも重要です。例えば、中長期的に都市開発の計画があったり、大規模商業施設ができる予定があれば、物件の付加価値が高まります。
また新しく電車の路線が開通したり、新駅ができる場所等は利便性が高まるので、必然的にそれら周辺の物件価値も高まります。

条件3:物件の現状具合に注意する
部屋の間取りや収納をしっかりと見ておきましょう。住みやすそうな物件は、それだけ入居者にとっても魅力になります。
大切なところでは水回りの設備や騒音、振動、共有部分の廊下や駐車場、駐輪場などの状態も必ず調べてください。

こうやって見てみるとある意味、投資用の収益物件を選ぶ際のポイントは、自分が実際に住む家を探す時と同じ気持ちで考えることが、良い物件=収益を産む物件を手に入れる近道なのかもしれませんね。
これらの条件に合わせ、私がさらに付け加えたいポイントがひとつあります。それは、「情報」をいかに手に入れるかということです。

情報収集にはコツがある!

投資物件を探す方法は、不動産会社やインターネット、不動産関連の情報誌、競売などのオークションと、様々です。

皆さんもこうしてインターネットでいろいろと検索しているように、不動産投資業界でもネットがしっかりと活用されています。
不動産会社が自社のホームページで投資物件情報を掲載しているので、いつでも、どこでも情報を取得できるのは便利ですね。

気になる物件を見つけたら、まずはその物件を扱う不動産会社を訪ねてみましょう。

「どんな物件を求めているのか」、「資金や年収はどれくらいか」と、聞かれることと思います。この時、こちらの希望やプランを、不動産会社の担当にきちんと伝えてください。
相手は不動産のプロですから自己資金や年収、現在の資産状況などを勘案して、投資に見合う物件を紹介してくれるはずです。

今の時代、情報を得ようとすれば、それは無限と言ってもいいほど限りなくあります。不動産の初心者がその中からベストなものを選択できるかどうか不安もあります。
私の経験から言っても、自分にとって信頼でき、相談できる不動産会社を見つけてください。投資物件をお探しなら、それこそ専門的なノウハウと、物件情報を持った投資不動産専門会社をオススメします。
信頼できるパートナーを選び、そこから情報を得ることが、不動産投資を成功させる秘訣だと私は実感しています。

ちなみに私が選んだ会社は、このサイトのTOPページで紹介していますので、ぜひご参考にして頂ければと、思います。


アパート投資物件の情報サイト