条件の良いアパートなどの投資物件の探し方教えます

収益物件の種類

不動産という分野で収益物件というと、その種類は実に様々です。
マンションの一室を所有することから、一棟丸ごとのアパートやマンションを所有するといったパターンまでいろいろあります。場合によってはビルそのものや店舗や事務所、倉庫、工場といった商工業施設まで対象になります。

もちろん規模が大きくなればそれだけ、取得費用や維持管理のコストが掛かることは、言うまでもありませんが、立地条件などがよければ店舗や倉庫は、アパートやマンションよりも高い賃料で貸し出せるので収益性が見込めます。

私自身は少ない資本(預貯金とローン)で投資物件を考えているので、資産家でもない一般的な会社員でも扱える確立が高い収益物件について調べてみました。

管理がしやすい収益物件とは

少ない予算なら、マンションの一室を所有
マンションの中にある部屋を一部屋毎に分けて、ひとつずつ所有するパターンです。区分所有とも言います。
この場合のメリットは、なによりも購入価格が一棟所有する場合と比べて安価になります。当然のことですがリスクも減ります。

また一室だけの所有だと、建物の維持管理や清掃などを、管理会社が行ってくれるので安心です。
もし建物全体を所有した場合は、管理会社を自分で探さなければなりませんからね。

収益性が魅力のアパートやマンションを一棟所有
こちらは建物全体を所有する、つまり建物にある部屋全部を手に入れる場合です。当然のことになりますが、一室を所有する場合と比べて取得費用がかなりの額になります。
その分インカムゲイン(家賃収入)も大きく得られますが、ハイリスクハイリターンを覚悟しなければなりません。

メリットとデメリット

なんといっても長期にわたり所有することで、利益が望めるのが収益物件の魅力です。
所有する収益物件に入居している人達からの家賃収入が望めるということは、収益物件を所有するにあたっての一番大きなメリットではないかと思います。

逆にデメリットとしては、不動産なのですぐに現金に換えることができません。予想外のお金が必要になった場合も想定しておきましょう。

また老朽化が進んだ物件では、思うように入居者を集められない可能性もあります。最悪の場合、ローン返済額よりも家賃収入が少ないということになってしまうことも。
いずれにせよ、収益物件を選ぶ際は、メリットとデメリットをよく勘案して購入しましょう。


アパート投資物件の情報サイト